水道工事で非常に大切な給水装置

水道工事で非常に大切な給水装置 給水装置と言われてもこうした工事などに関わる仕事をしていない人にとって、どういうものなのかピンとこないことが多いです。しかし私たちの生活にとってなくてはならないものであるため、知識を持っておくことは大切です。人は水を欠かすことができず、水がなければ命を継続することもできません。食事の支度、手を洗う等、毎日何気なくしていることも、給水装置がなければできないことです。水道工事で利用する機器、器具などの中でもとても重要なものとなる給水装置とはどういうものなのか、またその必要性なども理解しておくべきです。生活になくてはならない水に関する機器、工事に関して、ある程度の知識を持って対応することで、いざというときに慌てずに対応することができます。

■給水装置とは何か

給水装置というのは水道事業者の施設として作られる配水管から分岐して、各家庭に分けられる給水用の配管、またこれに直結する用具のことです。この時直結させる給水用具は給水管に取り付けますが、簡単に外せないように接続し、有圧のまま給水ができる用具のことを指します。そのため、ホース等の簡単に取り外しができる用具などはこの装置に含まれません。ビルなどの場合でよく見られるいったん水を受水槽に溜めて、その後給水するという場合、配水管から受水槽までがそれにあたり、受水槽以下はこれにあたらないとされています。色々な工事が行われますが、給水の装置は重要な部分です。

■給水装置の水道工事が必要となった場合
給水の装置に対する工事が必要となったとき、自分で費用を出すのか、それとも市などの自治体が出してくれるのか、それも気になるところです。給水の装置は給水を希望する民間の個人、民間の業者が費用を負担して布設します。公道に埋設されている分については、水道局が費用を負担するのではないのかと思う方も多いです。しかし、給水の装置に関しては公道部分であっても、個人が所有して利用するものとなることは理解しておく必要があります。この先、住宅を新たに購入する場合、給水の装置に関する所有権などがどうなっているか、仲介業者、不動産業者などに確認し、工事店なども調べておく必要があるでしょう。給水の装置に故障がある時など、新設、改造、撤去、修繕等だいたい4つの分類となるので、自分の住まいがある場所の指定給水装置工事業者を理解しておくことも重要です。

■給水の装置には方式がある

給水装置には種類があり、大きく2つに分けることができます。一つは受水槽水道方式と呼ばれるもので、もう一つは直結直圧式給水と呼ばれるものです。受水槽を利用する方式は水をいったん貯水槽に入れ、直接各蛇口に配水する方式となります。大規模な集合住宅やビルなどの商業施設等、水を一度に沢山のところで利用する施設に用いられる方式です。直結直圧式給水は、一戸建てに利用されることが多い方式で、配水管から直接管を通じて蛇口まで水を引き込む方式となっています。この場合、蛇口までを含めたものが給水設備となるため、管理については基本的に持ち主が行い、配水管が壊れたなどの場合以外、水道局に修理を申し込むのではなく、各水道工事店に申し込みを行い修理することが必要です。

■まとめ
自宅の水道のトラブルは色々なものがあります。例えば給水管からの水漏れ、また止水栓の故障、蛇口から出てくる水が濁っているなどもトラブルの一種です。こうしたトラブルが起きた場合、水が利用できなくなることもあるため、生活に直結する問題となります。そのため、水のトラブルの修理をどこに依頼するか、これは家族が常に分かるようにしておくべきです。それによって水に関して支障がない安心の生活を送ることができます

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース